English for global communication

外資系企業で行われるミーティングの実際

今回は外資系企業の社内ミーティングにはどんなものがあるかまとめてみました。 1 on 1 meeting 直属上長との個別面談です。毎週、あるいは隔週ベースで打ち合わせをします。20分程度でHighlight : うまく行っていることLow...
English for global communication

英語シャドーイング おすすめ海外Youtuber

YouTubeを使って行うシャドーイングについてまとめてみました。結論を先に言うとネイティブの英語講師が提供するレッスン動画をお勧めします。 おすすめYoutuber Bob's Short English Lessonsカナダで小学校の教...
English for global communication

英語スピーキング上達のコツ

英語が聞けて読めても、話せるとは限りません。まわりに英語を流暢に話す人がいない環境でどうやってスピーキングスキルを上げていくかをまとめてみました。 「3歳の子供でも英語を話せる」は英語圏に住む人の話 たまに「アメリカでは3歳の子供でも英語を...
スポンサーリンク
English for global communication

RSUを今すぐ売却すべきか? 考え方のヒント

外資系企業に勤めている人ならおなじみのRSU(Restricted Stock Unit - 制限株式ユニット)の売却タイミングについて考えてみました。 この記事は次のような人におすすめです。 VestされたRSUの合計が自己資産の相当額を...
English for global communication

海外でのオンサイトミーティングこれだけは覚えておきたいエチケット

エチケットもマナーも国それぞれです。最大公約数的にやらない方がいいことを書いてみました。 名刺はただの紙片。雑に扱われても気にしない 会議の冒頭に名刺交換をする、名刺を両手で受け取る、会議中は机の上にもらった名刺を並べて置く、などはすべて日...
English for global communication

英語コミュニケーションがうまくいく最良の方法

日本人から見るととてもあけすけで率直な英語圏の人たちも、気をつけて観察すると、人間関係を悪くしないように言葉遣いに気を配っていることがわかります。今日はその中で大事なポイントをまとめてみました。 ひと言「No.」はきつい言葉 誰でも、どこの...
English for global communication

英語を短期間で話せるようになるコツは?

英語で意思疎通できるようになるためにはある程度のメンタル強化が必要です。いつでもできる簡単なトレーニング方法をまとめてみました。 英語を聞ければ話せるわけではない 英語のドラマやYoutubeなどを浴びるほど聞いたら話せるようになるかという...
English for global communication

沈黙は了承・理解したことになってしまうので気をつけよう

英語でのミーティングは緊張するし、日本人同士の会議より流れが早いし、ついていくのが大変ですよね。「何か質問はありませんか?」と聞かれた時に固まってませんか?必要なのは語学力よりも勇気です。 そもそも呼ばれた会議にすべて出る必要はない 会議案...
English for global communication

相手を混乱させないためのconfuseの正しい使い方

「わけがわからなくなっちゃった」という意味でI'm confusingと言う人をたまに見かけますが、それだと混乱させている張本人はあなた、ということになってしまうので気をつけましょう。 confuseは他動詞 confuseは他動詞です。他...
English for global communication

英会話をスムーズにこなす簡単な方法

思考スピードを落とす まず自分が英語を話すスピードに合わせて頭の回転速度を落としましょう。あなたの脳にとって、母国語以外で話すこと自体が普通の状態ではないのです。日本語で考える場合、その思考スピードが英語で話すスピードを超えてしまいがちです...
スポンサーリンク