洋楽で英語シャドーイング – Crash Adams California Girl

English for global communication

「早すぎる」「意味がわからない」はひとまず脇において、聞こえる通りそのままに口ずさんでみると、頭の中で音読する自分の英語と、実際にネィティブが話す英語を、脳が別々に覚えている事がわかります。なぜふたパターンも覚えているのかその原因がわかれば、違っていたものがひとつにまとまって、その結果スピーキングもリスニング力も上がります。
コツは、あえて集中せず、ながめるようにぼやーっと、リラックスしてありのまま、そのまま聞くことです。ではやってみましょう。

今回紹介するのはCrash Adamsの「California girl」

まずは聞こえるままに文字起こしをしてみよう

僕はこんなふうに聞こえました。ぜひ動画と一緒に口ずさんでみてください。

しっどりきん ぴーにこらだす
えんわちん ねーふりっくすいんべー

しずはびん でぃなおな ぼーどわーく
いな すぽーつぶらー どめすっまいへぇ

ぇしいざ くらっし うぉまーん

しずがっだ うぇいどうざ わーで あん ぶりーち ぶろんへぇ

しらいくざ さーんどぶ すちゅりぃ つぃん にゅよーくしでぃ
ばっし りぶずぃん べるえあ

えなし ふぃーりん かいな わんだーほう
よ りびん ばっちゅ かんふたっぼー

ばっ のわん てじゅ ざっちゅ びゅーでぃっふう
きゃーりっふぉーにゃあ ぐー

えんじゅ けいみん へび らいか はーりーけいん
れふちょ りっすてぃくす すていん おな ばっか まいぶれぃん

すぃんぎん ぐー
きゃーりーふぉーにゃっ ぐー

くるーずぃんだーん さんせっ うぇいでぃん ふぉだ さん どらいず

おらい

しっせざっ えべすぃんげっべだ
いつどん まあだ いっじゅす ぶらっけん えん ほわい 

えしずぁ くらっし うぉまーん
しいずがだ ふぇいすふぉざ くらうでん ぶりーちぶろんへぇ

しらいくざ さーんどぶ すちゅりー つぃん にゅよーくしでぃ
ばっし りぶずぃん べるえあ

えなしふぃーりんかいな わんだーふう
よ りびん ばっちゅ かんふたっぼー

ばっ のわんてじゅ ざっちゅ びゅーでぃっふう
きゃーりっふぉーにゃあ ぐー

えんじゅ けいみんへび らいか はーりーけぃん
れふちょ りっすてぃく すていんおな ばっかまいぶれぃん

すぃんぎん ぐー
きゃーりっふぉーにゃ ぐー

すたっぷ うぇいでぃん ふぉらー
うぇいでぃん ふぉみー
うぇいでぃん ふぉらぶ

しずがっ ぷれいすぃず とぅびー

ざっ ぐー ふぇりん らび ざっ うえすこおす わー

えなしふぃーりんかいな わんだーほう
よりびんばっちゅ かんふたっぼー

ばっ のわん てじゅ ざっちゅ びゅーでぃっふう
きゃーりっふぉーにゃあ ぐー

えんじゅ けいみんへび らいか はーりーけぃん
れふちょ りっすてぃくす すていおな ばっか まいぶれぃん

すぃんぎん ぐー
きゃーりっふぉーにゃあっ ぐー

きゃーりっふぉーにゃあっ ぐー

英語は書いてある通りに発音するとは限らない

いかがでしたか?思いっきりジャパニーズアクセントになりますが、動画に出てくる英語の歌詞を目で追いかけながら歌うよりもそれらしくなりますよね。

実は英語は日本語と違って極力喉を締めずに文末まで一気にしゃべる言語なので、単語の語尾と次の単語の頭がくっちきがちになります。すると、辞書に書いてある通りの発音にならないケースがあるのです。

歌詞の原文はこちら

She’s drinking piña coladas
And watching Netflix in bed
She’s having dinner on the boardwalk
In a sports bra to mess with my head

And she’s a classy woman
She’s got the weight of the world and the bleach-blonde hair
She likes the sound of the streets in New York City
But she lives in Bel Air

And now she’s feeling kinda wonderful
You’re living, but you’re comfortable
When no one tells you that you’re beautiful
California girl

And you came in heavy like a hurricane
Left your lipstick stain on the back of my brain
Singing, girl
California girl

Cruising down Sunset, waiting for the sun to rise (Alright)
She says that everything gets better, it don’t matter, it’s just black and white (Okay)

You might also like


And she’s a classy woman
She’s got a face for the crowd and the bleach-blonde hair
She likes the sound of the streets in New York City
But she lives in Bel Air

And now she’s feeling kinda wonderful
You’re living, but you’re comfortable
When no one tells you that you’re beautiful
California girl
And you came in heavy like a hurricane
Left your lipstick stain on the back of my brain
Singing, girl
California girl


Stop waiting for love
Waiting for me
Waiting for love
She’s got places to be
(That girl fell in love with that West Coast world)


And now she’s feeling kinda wonderful
You’re living, but you’re comfortable
When no one tells you that you’re beautiful
California girl
And you came in heavy like a hurricane
Left your lipstick stain on the back of my brain
Singing, girl
California girl
California girl
California girl

出典 : California Girl by Crash Adasms

では英文を細かく見ていきましょう

She is drinking pina coladas
And watching netflix in bed

出典:California Girl by Crash Adams

She is は 「シズ」になる

She is
日本人は「シー」と「イズ」を分けて発音しがちですが、ネイティブは2語を1音節にまとめてしまいます。「シーイズ」ではなく「シズ」です。今回はそれでも長くて「しっ」と聞こえます。

g, t ,dは直後に子音が続くと脱落する

drinking pina coladas

drinkingの次にpがくるので,gが抜け落ちてしまいます。
なのでdrinking pena coladasは

どりんきん ぴーにこらだす

と聞こえます。

And watching Netflix in bed

Andの後にwがくるのでdは脱落します。
watchingはtの後にchがくるのでtが脱落します。最後のgも次にNが来るので抜け落ちます。
同じようにNetflixのtも、すぐ後にfくるので脱落します。
なので結果として

えんわちん ねーふりっくすいんべー

と聞こえます。

文末の子音はその口で終わるだけで声に出すとは限らない

She’s having dinner on the boardwalk

In a sport bra to mess with my head

出典:California Girl by Crash Adams

She is having dinner on the boardwalk
havingのgは、次にdがくるので脱落します。
dinner on theのtheは省力化されてnの音に限りなく近くなります。thの舌の位置を少しひっこめるとnになっちゃうんですね。

boardwalkの最後のkは文末なのでkの形で口が終わっておしまいです。日本語の「く」のように、口が「う」の形で終わるわけではありません。

しずはびん でぃなおな ぼーどわーく

in a sport bra
ブラは英語ではラが強調されてかつ伸びます。
ラー
です。

to mess up my head
toは「どぅ」に近い音になります。日本人がよく言う「ツー」ではありません。

headのdも文末の子音なのでdの口で終わるだけで音が出ません。

いな すぽーつぶらー どめすっまいへぇ

And she is a classy woman
She’s got the weight of the world and the bleach blond hair

出典:California Girl by Crash Adams

Andのdは次に子音のsが来るので抜け落ちます。
ぇしいざ くらっし うぉまーん

Shi’s got the
gotは「ゴット」ではなく「がだ」です。got theは「がっだ」と聞こえます。

しずがっだ

weight of the world and the
ウエイトオブザワールドアンドではなく、極力のどの力を抜き、全部つなげて一気に言います。

うぇいどうざ わーで あん

bleach blond hairもblondのdが抜け落ちて
ぶりーちぶろんへぇ
と聞こえます。

She likes the sound of the streets in New York City
But she lives in Bel Air

出典:California Girl by Crash Adams

Cityのtはdに聞こえます。tの音を出すために口の中を舌で鋭く区切ると遅くなってしまうので、楽なdになってしまいます。

しらいくざ さーんどぶ すちゅりぃ つぃん にゅよーくしでぃ

ばっし りぶずぃん べるえあ

知らない単語は聞き取れない

pina coladasとは飲み物の名前です。


boardwalkとは海岸沿いに整備された木製の遊歩道のことです。

Bel Airはカリフォルニアにある町の名前です。ビバリーヒルズの近くです。

まとめ

いかがでしたか?ネイティブの発音と自分が話すときの発音の差に気がついたでしょうか。私たちは英語ネイティブではないので、ネイティブの通りに話せないしその必要もありませんが、相手が実際にどうやって話すか、自分との違いは何なのかがわかればそれが一種の「アハ体験」になって、次回からちゃんと聞き取れるようになりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました