LingQで大人の英語学び直し:まず何から?

English for global communication

この記事は次のような悩みを持つ方におすすめです。

  • 「相手の英語が早口で何を言っているのか聞き取れない」
  • 「声を出さないと英文を読めない」
  • 「質問を理解していないのに、つい『イエス』と言ってしまう」

過去の経験を踏まえてもう一度、英語にチャレンジしたいという人は多いのではないでしょうか。

「でも、もう一度ゼロからやり直すにはまず何から?」

「なるべくお金をかけたくないんだけど、アプリはどれがいい?」

「どうすればモチベーションを維持できるの?」

そこで今回は、大人が英語の学び直しにどうアプローチするかを解説します。

この記事を読むとモチベーションが上がるのと同時に、無理のない学習プランを作ることができます。今度こそ楽しみながら英語をマスターしていきましょう!

「英語がわかるメリット」は、とてつもなく大きい

インターネット上で最も使われている言語は英語です。その割合は全体の約60%です。これに対し日本語のコンテンツの割合はわずか3%です。

英語を学び直すということは、日本語とは比較にならないほど膨大なコンテンツが手に入るということです。それを知らないまま残りの人生を過ごすのはすごくもったいないですよね。

(出典:DataReportal; We Are Social; Meltwater; W3Techs)

【学び直し】大人には、大人のやり方がある

大人のための英語学習アプローチは、受験や就職のために英語が必要な人とはちょっと違います。

まずやってみる

英語は学問ではなく、スポーツや音楽に近いものです。反復練習は、遠回りのように見えて最短かつ最強の方法です。繰り返しの中で何かに気づいたときに、ぐっと上達します。それが10回目で気づくか、100回目かだけの違いです。あきらめなければ必ず到達できます。

文法書は後でいい

個別に文法書を読むと、英会話の途中で「コーヒーって可算名詞だったっけ?」と頭の中で日本語の雑念が入るようになってしまいます。

それよりも、例文を覚えてパターンを知り、アレンジして使いまわした方が短期間で反射的に話せるようになります。文法は後で振り返った方が、頭に定着しやすいです。

ジャパニーズアクセントで構わない

たとえアメリカ本土であっても、ほとんど誰も、いわゆる「標準の?ネイティブ」のように話してはいません。だいいち西海岸と東海岸で違うし、南部も違います。それどころか「移住してきたばかりで英語が得意じゃない」アメリカ人すらいるのです。みんなそれなりに固有のアクセントを持っています。でも、誰もそんなこといちいち気にしてないです。

TOEICスコアは気にしなくていい

たとえTOEICで高得点を取っても現地でコーヒーひとつ注文できないのが現実です。僕は渡米前にTOEICのリスニングほぼ満点でしたが、アメリカのスタバに初めて行ったとき店員が何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。そんなもんです。

加えて、大抵のアメリカ人は、TOEICの存在を知りません。何点でどれだけ話せるかも知らないです。試験のために英語を勉強して他人と比べるのは、それが受験や就職で必要な世代にまかせましょう。

大人であることのメリット

年齢を重ねて得た教訓の多くは、英語スキルの獲得に役立ちます。

自分なりのリラックス手段を持っている

リラックスしていれば脳が効率的に働きます。でもパニックに陥ると脳が自己防衛的になってしまい頭に何も入ってこなくなってしまいます。

人生の荒波をかいくぐってきた大人は、緊張しても比較的早くリラックスモードに戻れるはずです。

お互いの共通点を見いだせる

大人は、国や人種が違っても、本質的な物の考え方、価値感は変わらない事を知っています。

外国語が話せないことイコールその人の知性が低い、ということではありません。知性は話す内容で決まります。それを何語で話すかとは関係ありません。

自分に過度の期待をしていない

大人は過去の挫折経験から、自分が完璧な人間ではないと知っています。完璧に話そうとすると考えすぎて話せなくなります。

大人の英語学び直しにはLingQをおすすめします

ツールはLingQが一番だと思っています。

僕はLingQを使って1年余りで英単語を14000語覚えました。これほど長く続けられたアプリは他にありません。

悪くないコストパフォーマンス

プレミアムで月額月額2,100円です。僕はLingQで英語と中国語の2言語やっているので、1言語あたり月1,050円というコストパフォーマンスの良さです。

英語学び直し 再スタートの切り方

では具体的な学び直しのアプローチとステップについて解説します。ざっくり以下の通りです。

  • 毎日英語に浸る時間を30分作る
  • 1年で2,000語覚える
  • 簡単な英文をたくさん読む
  • 基礎的なボキャブラリを覚える
  • 基本の文法パターンを例文を通じて把握する
  • 発声、リズム、発音、リンキングについて知る

【目標】1年で2000語覚える

2000語は、基本的な事が話せるレベルです。ネイティブが会話で使用する語彙の上位2000語は、会話の約90%、新聞記事や小説の約80%~90%をカバーしています。(言語学者、ポール・ネーション教授の研究による)

使う教材はLingQ標準のミニストーリーをお勧めします。全部で60話あります。これをを1年かけてじっくりやります。ペースは1か月に5本程度、週に1話ペースです。1話2分程度なので無理のないスピードだと思います。

LingQのミニストーリーは基礎段階で覚えるべき文法を網羅しています。LingQの無料版でも公開されているので、興味のある方は一度のぞいてみてください。

無料版へのリンクはこちら↓
LingQ – 自分の好きなコンテンツから言語を学びましょう

ミニストーリーでのレッスン方法

  • ひとつのストーリーを軽く読んで、知らない単語をLingQに登録する
  • 再度読んで全体の意味をざっくり把握する
  • センテンス毎に意味をじっくり理解する
  • ストーリーの中から苦手なセンテンスをふたつ選んでシャドーイングする
  • 口が回らないところを反復練習する
  • 6割ぐらいできたなと思ったら次のストーリーに進む
はまじ
はまじ

完璧にやるより、飽きる前に次に行って、2話ぐらいやったらまた戻ってレビューした方がいいです。基本的な単語は他のストーリーでも繰り返し出てくるので心配無用です。

挫折しないポイントは?

ちょっとずつでいいから毎日やる

大切なポイントは、英語の時間を歯磨きのように生活の一部にすることです。脳みその中に英語の領域を作るには継続的な刺激が必要です。

英和辞典を極力使わない

英語を日本語に結び付けるのではなく、イメージに結び付ける方がいいです。「キリンって英語でなんて言うんだっけ?」と日本語でつぶやいた瞬間に英語脳が吹き飛んでしまいます。

とは言ってもどうしても必要な時もあると思います。そんな時にはオンライン辞書で調べましょう。例文が多い「英辞郎」がおすすめです。

英辞郎へのリンクはこちら↓

英辞郎 on the WEB

英語を楽しく学べる工夫をする

ホビングリッシュという言葉をご存じですか? ホビー(趣味)とイングリッシュ(英語)の合成語です。英語そのものではなく、英語を使って別の何かに没頭すると、単語を覚えるスピードが爆発的に上がります。

「英語を」学ぶのではなく、「英語で」学んだ事が、これからの人生で貴重な財産になります。英語でどんな世界をのぞいてみたいですか?想像しただけでワクワクするものがあれば、試しに飛び込んでみましょう。

英語でピアノやボーカルが学べるオンラインレッスンがあります。音楽好きの人はトライしてみてはいかがでしょう。

Arts & Culture School|オンライン音楽教室の無料体験レッスン

まとめ

  • 文法書は後回しで、短い簡単な例文をたくさん読みましょう。パターンから文法を推測したくなった時点で文法書を読んだ方が頭に定着します。
  • ジャパニーズアクセントで問題ありません。TOEICスコアを気にしなくても大丈夫です。
  • 1年間で2000語覚えることを目標にしましょう。
  • 学び直しツールにはLingQをお勧めします。60話のミニストーリーが無料で見られます。
  • LingQ有料版の価格は月額2,100円です。機能や拡張性を考えるとコスパは高いです。

無料版へのお試し登録はこちら↓
LingQ – 自分の好きなコンテンツから言語を学びましょう

プレミアム版を申し込みの方は下のリンクからお得なクーポンコードをゲットしてください。↓

Save 35% – Get 4 months free

スマホアプリはこちら↓

LingQ 言語学習
LingQ 言語学習
開発元:The Linguist Institute
無料
posted withアプリーチ

ではまた。Have a good one!

コメント

タイトルとURLをコピーしました